スタッフブログ

新築現場より~地業(ちぎょう)工事2022年2月15日(火)

地業工事とは基礎を支えるために基礎工事に先だって行われる工事です。

1.砕石工事

砕石(破砕機で人工的に小さく砕いた石)を敷き詰め、ランマーという機械を使って地盤を締め固めます。地盤をしっかりと締固めることで、基礎の沈み込み防止します。

砕石工事

2.防湿シートと捨てコンクリートの流し込み

防湿シートはシートが地面から基礎に湿気が流れ込むのを防ぐことと、床下を乾燥した状態に保ち、土台・大引きといった構造木材を保護し、シロアリ被害を防ぐために丁寧に敷いていきます。
正確な位置の墨出しや、高さの基準決め、型枠・配筋の下地の固定の為にコンクリートを流し込みます。このときに流すコンクリートのことを「捨てコンクリート」と呼びます。

防湿シート敷いて捨てコン

これで地業工事が完了いたしました。
次回からはいよいよ基礎工事が始まります。

大得工務店の無添加住宅新築現場では、目に見えないところ(基礎部分)にも細心の注意を払い、家族と自然の未来の為に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

大得工務店の家づくり | 大得工務店の施工事例 | もご覧ください。

PAGE TOP