スタッフブログ

無添加な素材のはなし ~Vol.3~ 自然素材の効能を生かして2020年5月15日(金)

無添加住宅で使われる、美しく、楽しい素材。

ここであらためて、それらの魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

今回紹介するのは、「柿渋」です。

現在の住宅の防腐・防虫・防カビ材が健康に及ぼす影響は、かなり大きいと思われます。

なぜなら、虫が嫌うもの、カビが嫌うものを化学物質で製造しているから。

虫が死んでしまう化学物質が、人体に良いはずがありません。

畳の下に防虫シート、抗菌シート、そして抗菌フロアー。

家の中には化学素材があふれかえっています。

 

はたして自然素材で防腐、防蟻ができないのでしょうか。

 

自然界には、植物自体が虫、鳥、菌などから身を守るための「技」を持ったものが数多く存在します。

 

たとえば、楠(くすのき)いわゆる樟脳(しょうのう)、馬酔木(あせび)などは、昔から殺虫剤として利用されていました。

馬酔木

そして、渋柿(しぶがき)から作る柿渋は、昔、鳥居の防腐、投網の防腐などに広く使用されていました。

無添加住宅では、柿渋を建具に独特の光沢を出す塗料として、

土台には防腐・防蟻のために、柿渋にホウ酸を混ぜて使用しています。

ウッドデッキ塗布用には、ナチュラルな色彩と耐候性を高めるために、ベンガラを混ぜました。

また、塗料としての柿渋は、防腐・防虫・防カビの役割だけではありません。

柿渋を塗ったところに太陽光があたると、徐々に深い味わいの色味に変化していきます。

 

性能もさることながら、その風合いはペンキでは現わせません。

時間が経つほどにその価値を感じていただける素材のひとつです。

自然素材の「効能」の中での快適な生活を実現する、「無添加住宅」です。

PAGE TOP