ブログ

建築用素材ってどうやって出来てるの? 天然石から屋根・意匠材「クールーフ」が出来るまで

2024年6月12日(水)

世界でたった一つの天然石は大地からの贈り物

無添加住宅開発者の秋田さんが、建材を世界中で探し求めていた時、たまたま寄り道したところが「アンドラ公国」という国でした。

そのアンドラ公国に実在する石屋根の家をヒントに日本での石屋根(クールーフ)の導入をしました。

そんなクールーフは、粘板岩が採れる山を削り生産するので、同じものが二つとない、世界でたった一つの天然石なのです。

 

天然「クールーフ」ができるまで

クールーフの原産地は、多くの粘板岩が産出される南米のブラジル。

山を削り、クールーフが加工できる大きさに天然石を採掘する

クールーフとして使えるように石をカットする。

天然石が葺き終わると、外観の天然石が創る独特の風合いになる。

特許技術のクールーフ工法により、天然石を屋根に施工。

加工後は輸送のためにしっかり梱包し、順次出荷していく。

【なるほどコラム】 こんなところにも粘板岩の石屋根が!

天然石の屋根は、古くからヨーロッパや日本などの家づくりに使用されてきました。

フランスの南西部では、天然石が醸し出す風景が何百年経ても、色あせることなく現存しています。

それは石屋根の耐久性を歴史が証明していると言えます。

また現在でも東京駅の屋根に使用されたり、宮城県雄勝町の家に使用されたりしています。

 

ヨーロッパに現存する古い石屋根の家

 

 

東京駅の屋根にも天然石が使用されている

 

 

宮城県雄勝町では天然石の家屋が数多くみられる。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

家を建てたい!ハウスメーカー?工務店? 注文住宅・リフォームは業者選びが重要です。

大得工務店(神奈川県横浜市南区)設計の無添加住宅は、漆喰の壁、無垢材の床、

自然素材の建具や住宅設備で室内の空気環境を安心快適にしてくれます。

自社の大工さん達と一丸となり、ご家族の笑顔と未来の為に100年住める家を目指したいと考えております。

戸建・一軒家・マンションアパートリノベーションをお考えの際はお気軽にお問合せください。

大得工務店「空気の考え方」 | 家づくり | 施工事例 | もご覧ください

PAGE TOP