無添加住宅とは
About Mutenka-jyutaku

無添加住宅は
むかしの家づくりをお手本にしています。

むかしの家づくりは、たくさんの土と少しの木、そして草や紙で出来ていました。
コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた住宅産業ですが、その結果シックハウスは起きてしまったのではないでしょうか。
無添加住宅は、合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。
建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。
私たちは、家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

point01

身体に良くないものは使わない。

無添加住宅は、一般的な「自然素材の家」をはるかに上回る、言わば「超自然素材の家」。
漆喰、炭化コルク、天然石、米のり、無垢材、柿渋など、使用する建材は吟味に吟味を重ねました。
まるで森の中にいると錯覚してしまうような室内空間です。

point01

point02

安心して長く住める。

自然素材は、お手入れをするごとに深みのある雰囲気を醸し出し、時が経てば経つほど愛着が湧きます。
経年変化による美しさや風合いは、自然素材ならではの唯一無二な付加価値です。

point01

point03

飽きの来ないデザイン。

表情豊かな自然素材を使って職人が手作りする家は、世界に一つだけのもの。
それは、何世代にもわたって人々が自然素材だけで建てられた家に住み続け、美観が損なわれることなく存在しているフランス南西部にある町のようです。

point01