施工実績
Results

2018/9/5 高性能防水紙「ウェザーメイトプラス!!」

横浜市瀬谷区の新築現場から、吉田です。

台風の季節になりました。この時期は、外部の工事が大変です・・・。

そんな中、外部の防水紙を大工さんと一緒に貼ってきましたので、そのレポートをします。

皆さんは外壁の透湿防水紙ってご存知ですか? 外壁の下地に貼る防水するためのシートのことをいいます。

今回、その防水紙を無添加住宅で推奨する「ウェザーメイトプラス」というシートを採用しました。初めて使うものなので、私もお手伝いしました。

普通の防水紙は、

・「タッカー」というホチキスの針みたいなもので取り付けるのですが、それだと防水紙に穴が開いて、一般的な防水紙は弱いので裂けて穴が広がってしまい雨水や湿気の進入の原因となる

・湿気は通すが水は通さない紙、一見聞こえはいいですが、外からも湿気が侵入してきます。

・紙自体が弱いので、壁の中で経年劣化が起こり防水紙としての効果がなくなってします

などの欠点があることが明らかになりました。「ウェザーメイトプラス」はその欠点が改善されており、

・キャップがついたタッカー針で面で押さえる固定方法なので、風などで裂けにくい

・外へ向けての湿気は通すが、外部からは水も湿気も進入しない構造になっている

・紙が非常に強い繊維状になっているので、劣化がかなりしにくい

となっています。「ウェザーメイトプラス 利点」などで検索すると色々書いてありますのでご参照ください。

無添加住宅は、ただの健康住宅ではなくて、性能、機能的にも進化し続けています。

紙が強くキャップ付きのタッカーで固定するので、ピンと張っても破れません!!

不織布のように繊維が折り重なっているので触った感じが普通の透湿防水シートとは全然違います。

シートの幅が3mもあるので、シートの重なりが少ないため、防水性能はすごく高いです。

(普通のシートは幅1mしかないので、重なり目がすごく多くなってしまいます)

無添加住宅について

  • 無添加住宅とは
  • 身体にやさしい自然素材を使用
  • こだわりのプランニング

大得工務店について

  • 代表挨拶
  • スタッフ紹介
  • 職人紹介

施工実績

  • 施工事例集
  • リフォーム
  • 実際の無添加住宅を見学できます。